最近一般家庭にも導入された電力自由化|優良会社の比較方法を紹介

電力会社の乗り換え

グラフ

本当に安くなるのか

電力自由化で一般家庭でも電力会社を選べるようになりましたが、選択肢が多すぎて迷っている方もいるのではないでしょうか。また大手電力会社のほうが安心だと考えて、切り替えないという方もいるでしょう。しかし電力会社を上手に選べば、電気料金を大幅に安くできるケースがあります。各電力会社の電気料金を比較するときは、それぞれの家庭の電力使用量を把握することが大切です。多くの新電力会社では、大量に電気を消費するほど料金が安くなるシステムになっています。そのかわり基本料金は、従来の会社と比較すると高めになっていて 、電気の使用量が少ないとかえって料金が上がる場合があります。例外はありますが、月々の平均使用量から電気料金を計算し、本当に安くなるか比較してみる必要があります。電力使用量が少なくても、ガスやスマートフォンの契約とセットにすれば、割安になるプランもあります。ガス会社や通信会社を変える予定がないなら、こうした契約を結ぶのも良いでしょう。ただし別々の会社を選んだほうが安くなる場合もありますし、スマホなどは新しいプランに乗り換えたくなることも結構あります。電気料金だけを比較するのではなく、将来のことまで考えて契約しなければなりません。もちろん電気料金の安さだけで選ぶのではなく、再生可能エネルギーを利用して環境問題に配慮している会社や、きめ細かな顧客サービスを実施している会社を選ぶのもひとつの方法です。