最近一般家庭にも導入された電力自由化|優良会社の比較方法を紹介

効率の良い発電方法

工場

信用できるコンサルタント

現在の日本の発電は地方によって利用する資源は異なるものの石油や石炭を使った火力発電が高い割合を占めています。化石燃料を燃やすことによって発生する二酸化炭素による地球温暖化や海外依存度の高い化石燃料の輸入は価格の変動が大きいため安定的供給に不安があります。そのため安定して得ることができる自然エネルギーの活用の動きが活発になっています。風力や太陽光などの発電方法が実現されていますが、エネルギー効率が高いとはいえず、今注目を浴びているのがバイオガス発電です。バイオガス発電は家畜の糞尿や食品廃棄物といった有機ゴミからメタンガスなどのバイオガスを作りだして、それを燃焼することによって発電します。二酸化炭素の発生が少なく、火力発電と同等の効率を得ることができる理想的な発電方法です。バイオガス発電プラントの建設は、有機ゴミをそのまま燃焼して発電するバイオマス発電と比べて施設がシンプルに作れるので導入コストが控えめです。構造がシンプルなことは稼働後のメンテナンス費用も抑えることができます。バイオガス発電プラントは最低でも800平方メートルほどの平坦地が必要です。ガスを得るための発酵槽が1つのプラントの建築費用は概算金額で2億円程度になります。国として推進されているため、申請によって補助金を受けることができます。設置に関するコンサルタントや申請のアドバイスを受けたり、するために信頼できる業者を探して下さい。稼働後も効率よく発電をするためにコンサルタントの助言は必要不可欠です。